大部屋への移動

病気
スポンサーリンク

一日、個室で過ごしました。
食事以外は、ほぼ横になっている状態。

まだトイレに自力で行くことはNGで、導尿カテーテルとリハビリパンツで過ごします。

大便のときもベッドの上で用を足さないといけなくて、寝たまま用を足すということが、どうチャレンジしてもうまくできなくて、動けるまでお預け。

食事をあまり食べないようにして、トイレにいくのを我慢していました。

そして翌日。

朝から看護師さんが、「お部屋移動します。大部屋に移動になりますよ~」とやってきました。

導尿カテーテルを外してもらい、点滴も外れ、少し身軽な状態で、大部屋に移動です。

大部屋は4人部屋。
1人の空間が広めな病室です。

トイレは病室を出た横にあり、自分は廊下側であったので、比較的トイレ移動は楽でした。

それとは別に、ここにきて問題が…

点滴を外した腕が液漏れをしていたようで、右腕が固く腫れて痒くなってしまいました。
看護師さんに相談すると、整形外科を受診するという話になり、整形外科で消毒をしてもらい、抗生物質を処方されました。

↓ 腫れてない左手 ↓

↓ 腫れた右手(腕部分は消毒中) ↓

笑っちゃうくらい腫れてます。
痒いんです。曲げたりすると違和感もありますしね。
夜はあまりにも痒くて、看護師さんに保冷剤をもらって冷やして寝てました。

コメント