SPO2は体調のバロメーター、息苦しい理由がわかれば気持ちが楽になるってはなし

病気
スポンサーリンク

気圧の変化で体調がガクッと悪くなるのですが。

先日、病院にいってパルスオキシメーターでチェックしたところ酸素飽和度(SPO2)が96%でした。

正常の範囲は100%〜96%なのですが、コロナに感染したりするとこの酸素飽和度が下がるということですね。

もしかして体調が悪いときって、酸素飽和度が低いんじゃないかな?

そう思って、パルスオキシメーターを買い求めてみました。

朝起きて、検温、血圧、パルスオキシメーターとやってみます。

体調が悪いときも図ってみたところ、思ったとおり…

体調が良いときの酸素飽和度は99%〜97%

 

体調が悪いときは、96%〜92%くらい

私の使用しているものは93%以下になるとピッ!ピッ!とアラームが鳴るんです。

↓ ↓ ↓このときはピッピッってうるさいですw

 

自分が調子悪くて安静にしているとき

家族が働いているのを見てると

怠け者になったようで、申し訳ないというかゆっくり休めない感じがありました。

居心地悪い感じ。

体調が悪いときに目に見えて数値が悪いと。

なんとなく、自分で安静にしている理由が明確になって

水戸黄門の印籠のようです。

ストレスが和らぎましたw

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました